ミスチル『名もなき詩』に込められた愛を考える―あるがままに生きる困難さと慈しみ