批判を無視しているのではなくて、どうしようもないだけなのかもしれない。