【初連載】Monologue「始まりの朝」