上には上がいるけれど下には下がいるということも忘れないという話