「革命のファンファーレ」感想。新時代のビジネスセオリーが凝縮されている一冊だった。