伊坂幸太郎「AX(アックス)」のあらすじと感想。ミステリとギャグと感動がギュッと詰まったお買い得小説だった。