自己中心的に生きる。何より自分を第一に、余所を見るのはそれからだ。